012454

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment


1クローラー式トラクター (1) / 2自然災害多発県  / 3受信料契約を締結する義務はない  / 4日本の報道機関は中共の管理下にある  / 5豪雨 (1) / 6スイレンが咲きました  / 7intendo Switch (1) / 8ベクターで部門トップ  / 9モッコウバラ満開  / 10中国式コロナ対策  / 11生産拠点の国内回帰  / 12大阪コロナホテル  / 1370歳就業法  / 14どこまで下がるガソリン価格 レギュラー100円切る店も (1) / 15トイレットペーパー豊富な在庫  / 16セダン草の花 (1) / 17トイレットペーパー争奪戦 (1) / 18トイレットペーパー買い占め相次ぐ (3) / 19桜が開花 (1) / 20解像度2Kの意味  /



[ 指定コメント (No.56) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 正露丸の名前の由来 投稿者:管理人  引用する 
国際関係上、ロシアを征するという意味の名称はよくないということで、「征」を「正」に改められたとの事です。

日露戦争直前の1902年、大阪の薬商「中島佐一薬房」は木クレオソートを主成分とする丸剤に「忠勇征露丸」と名づけ、販売する許可を大阪府より交付されました。1902年は、日英同盟を締結した年であり、ロシアとの緊張関係が高まりつつある状況でした。
一方、大日本帝国陸軍では、1904年に開戦した日露戦争の間、胃腸薬として使用されていた木クレオソートの丸剤に「征露丸」と名づけ、軍人全員に服用を命じていたとの記録が「明治三十七八年戦役陸軍衛生史」に残っています(※)。
第二次世界大戦後、1946年(昭和21年)に大幸薬品は、中島佐一薬房から「忠勇征露丸」の製造・販売権を継承しました。その後、「征」から「正」へ名前を変え、大幸薬品では1959年に「正露丸」の商標登録を行い、現在にいたっています。
http://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/various/history.html

話のネタになりますね。


2018/02/08(Thu) 08:13:13 [ No.56 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -